大阪SST研究会

こちらは大阪SST研究会のブログです。SSTの研修情報等を載せています。

 
1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


「精神医療従事者のためのHIV/AIDS研修会」のお知らせ

京都SST研究会事務局 長岡病院さまよりの研修情報です。

******************************** 
「精神医療従事者のためのHIV/AIDS研修会」

 “HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究”主催の研修会についてお知らせ致します。
メンタル不調をきたしやすいHIV陽性者の支援体制の確立を目的として、平成28年度に作成した
「精神医療従事者のためのHIV/AIDSハンドブック」を用いた精神医療研修会を企画いたしました
のでご案内申し上げます。

◆「精神医療従事者のためのHIV/AIDS研修会」

◆講義:
1.『HIV/AIDSの基礎、スタンダードプリコーション』高折 晃史 先生(京都大学)
2.『薬物依存の治療』川畑 俊貴 先生(京都府立洛南病院)
3.『HIV/AIDSの治療薬と相互作用,服薬指導』吉野 宗宏 先生(宇多野病院)
4.『セクシャル・マイノリティの心理とその支援』仲倉 高広 先生(長岡病院)

◆日時:12月16日(土)13:30~16:30

◆場所:京都テルサ 第2会議室
 (京都市南区東九条下殿田町70番地京都府民総合交流プラザ内)

◆定員:60名(先着順)

◆申込方法:
 メール(hivrenkei@nagaoka.or.jp)に必要事項を記載してお送りください。
<件名>は 「精神医療従事者のためのHIV/AIDS研修会」としてください。
<本文>には①~⑤についてご記入ください。
①お名前(フリガナ)
②ご所属先の機関名
③職種・経験年数
④HIV感染症の臨床経験 あり・なし
⑤メールアドレス 
なお、HIVハンドブックは下記のURLからダウンロード可能です:

http://www.haart-support.jp/pdf/h28_Psychiatrical_hiv-aids_handbook.pdf

研修会案内

 この研修会が医療連携促進の一助となればと思っております。多くの方のご参加をお待ちしております。
<分担研究研修事務局>
 一般財団法人 長岡記念財団 長岡ヘルスケアセンター(長岡病院) 心理課
河上 雄紀 ・ 橋本 真希 (かわかみ ゆうき ・ はしもと まき)
メール:hivrenkei@nagaoka.or.jp


Comments

Leave a Comment


Body

月別アーカイブ
08  07  06  05  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
 
Welcome
あなたは
 
 
ご挨拶
 
 
プロフィール

minifig

管理人:minifig
TO DARE IS TO DO

 
 
Flash Piano
(1曲どうぞ)
 
 
 
 
RSSリンクの表示
研修情報が更新されたら自動で取得。